[b.glen]ハイドロキノンでシミを消す

 

日焼け止めを塗って、直射日光を避けて歩いていても、紫外線は手強くて、いつのまにかシミができた・・・と、悩んでいるひとは多いと思います。いくらそれ用のコスメを使っていても、シミは消えてくれません。できてしまったシミをなくすのは、不可能なのでしょうか? 

いくら日に焼けても平気だった20代が恨めしい・・・。

30代後半から~40代以上の女性にとって、シミは悲しい現実。それを取り除くためにはなんでもする、と誰しも思うはず。でも、シミ消しに有効なものはどれ?

それは、スバリ、と¥評判の美白成分「ハイドロキノン」です。

カリフォルニア大学薬学部で教授をしていたブライアン・ケラー博士が、この世界では第一人者。ついのように言っています。「シミを薄くするためには、濃くなったメラニンを薄くすることができる“ハイドロキノン”が必要です。」 

さて、このハイドロキノン、いまではシミやそばかすを消す方法としてテレビでも紹介されるようになった成分です。一見、夢のお薬のようにも思えますが、この成分には、致命的な課題がありました。 つまり「ハイドロキノンは刺激が強くて、肌の奥まで浸透しない」。どんなに良い成分でも、肌の奥にまで届かなければ意味がないので、致命的な問題でした。美白化粧品が肌の奥に届いていないのですから。

そこで、ケラー博士によって“最新技術”を発明されたのが、『QuSome®(キューソーム)』。国際間特許の浸透テクノロジーです。

もともとは医療目的で開発された技術を応用したものですが、従来はお肌の奥まで届かなかった成分を浸透させ、シミを無くすために働きかける箇所へ的確に届けることに成功。シミを取りたい女性にとっては救世主になるかもしれません。 

私も試してみましたが、この最新浸透テクノロジーQuSome®が使用されたシミケア製品が、日本で買えるです! 私のひどいシミ、一生消えないと思っていたシミにアプローチしてみたらいかがでしょうか?

キューサムの美白化粧品は、ステップが五つあります。
1 汚れを吸着する“クレイ(泥)”洗顔で、色素沈着の原因になる酸化した皮脂を洗い上げる。 

2 肌の奥深くまで潤いを届けるホワイトローションで、ホワイトケア。 

3 超微小カプセルに閉じ込めた高濃度ピュアビタミンCがピーリング作用で肌をくすませる古い角質やメラニンにアプローチ。 

4 角層の奥の奥まで浸透するハイドロキノン配合のクリームがシミに働きかける。

5 クリームに配合されているエイジリカバーコンプレックスが、弾力をもたらし、光を透過しやすい肌へと導く。 トライアルセットを試してみた人の約99%が満足しているんですって!「実際に肌に合う合わないがあるし……」と悩んでいる方へ。私も敏感肌で、最初はちょっとお肌がピリピリする感じがあったけど、大丈夫でした。7日分のトライアルセットがあり、そのセット試したひとの98.9%が「満足できる!」と多くの使用者が「肌が明るくなった」と実感しているそうですが、私もその点、間違っていないと思います。しかも、1週間分といっても、大事に使うと10日ぐらいは軽く持ちます。数多くの方がリピーターになっているのは、最新の技術で芸能人が愛用している製品こともありますが、返金保証が365日、丸々1年もあるからです。お肌に合わなければ、払い戻してくれる、というのは商品に自信があるからこそですね。こちら、 キャンペーン中だと74%オフになって1,800円(税抜き)。もちろん送料・手数料は無料です。

多くの美白化粧品を試したけれど「やっぱりシミが消えない……」と悩んでいるあなた、これはチャンスです!

>[b.glen]ハイドロキノンでシミを消す